OpenCV2.4.3をwindows7にインストールする方法とよくあるハマりポイント

OpenCV2.4.3をwindows7にインストールする方法とよくあるハマりポイントメモ。



OpenCV2.4.3をwindows7にインストールする


VisualStudio2012 で OpenCV2.4.3 のビルド」この手順に従っていけばOK。シンプルな構成で使いたいならこの方法が一番簡単。



OpenCVのビルド構成と、自分のコードのビルド構成を揃えること!


上記の手順で一つだけ注意するのは、「OpenCVをRelease版でビルドしているので、自分が作るコードもRelease版にする必要がある」という点。


自分のコードをDebug版でもビルドしたい場合は、OpenCVもDebug版でビルドしておいて、dll等を別途作っておく必要がある。


Debug版とRelease版を間違えていると、OpenCVの何かしらの機能を使ったときに下記のようなエラーがでる。


OpenCV Error: Bad flag (parameter or structure field) (Unrecognized or unsupported array type) in unknown function, file src\array.cpp, line 2482


Unhandled exception at at 0x7622C41F in ConsoleApplication1.exe: Microsoft C++ exception: cv::Exception at memory location 0x0033F428.



OpenCVをカスタマイズしてインストールする際のハマりポイント


TBBを使いたかったり、色々とカスタマイズしたい場合はいくつかハマりポイントがある。自分用メモとして列挙しておく。


下記の要素を一気に満たそうとして失敗する場合は、時間がかかっても一つ一つ検証した方が、結果的に早く終わると思う。一気にやろうとするとすごく大変…。


安定版のOpenCVを使っているかどうか

TBBを使うかどうか

OSがは64bitかどうか

対象とするアーキテクチャは64bitかどうか

利用するdllはデバッグとリリースのどちら用か



参考リンク


VisualStudio2012 で OpenCV2.4.3 のビルド

このページの手順に厳密に従うのが一番簡単。


OpenCV2.4.3をWindowsでビルド

OpenCV2.4の入手、ダウンロード、インストール、環境設定

同じことを違う側面から説明しているので読んでおくとためになる。


著者プロフィール
Webサイトをいくつか作っています。
著者プロフィール